『ポケモンGO』タマゴの距離がカウントされない状況を改善する裏技が発見される

eggs

 

 

 

 

タマゴの孵化距離を改善するための方法

記事はこちら

 

 

海外の掲示板Redditのユーザーがタマゴの孵化距離に関する手際のいい方法を見つけました。
マップ左上のモンスターボールがずっとロードしているときに「ぼうけんノート」を開くだけです。
「ぼうけんノート」を開くことで、どんな状態でもアプリをリフレッシュしてくれます。

 

私たちはAndroid端末でテストして、それがきちんと機能していることを確認。Redditのレポートでもそれが機能していることを確認できます。

 

 

 

Redditのレポート

タマゴの孵化距離を改善するためにぼうけんノートを使う

記事はこちら(英語です)

 

 

背景

外でのポケモンGOを2G回線でプレイ。
バッテリーをセーブするために、そして何より無一文だった私にとって2G回線は安かった。
2Gにしてからトラフィックがスローに。

 

 

時々、私はモンスターボールのアイコンがスクリーンの左側にあることを確認。トラフィックの多さのせいで接続が切れるときによく起こっています。

 

 

時々、これはかなりゲームに影響してきます。
(ポケモンの出現を見逃したり、ジムにエラーが出たり、マップがロードされなくなったり、タマゴ孵化の距離が処理されなくなったり。)

 

 

これに対処・ゲームをリフレッシュするために、私はぼうけんノートをクリックします。

 

 

 

その通り。

 

 

 

タマゴを孵化させるということになればこれはとても便利です。
2kmタマゴをおよそ20分くらいで孵化させることができます。
これはみんなにとって機能すると確信しています。

 

 

ぼうけんノートをタップして、ゲームをリフレッシュしてください。
そうしたらタマゴの孵化距離がきちんと計測されるはずです。

 

 

 

 

みんなの反応

・お役立ち情報ありがとう。君の行く先がラプラスとミニリュウで満たされんことを。

・これはかなりのお役立ち情報だね。ありがとう!
ちなみに、LTEの受信地域にムラがあったときは、3G回線は頼りになるよ!

・どうやって2G回線にしているのか分からないな

・今夜試してみるよ、ありがとう!

 

 

 

回線が悪いところではこの情報は使えそうですね!
自分も今度試してみようと思います!

 

 

 

 

トップページに戻る

この記事へのコメント