『ポケモンGO』ラプラスが覚えるわざとオススメのわざの組み合わせ(※3/26 更新!)

ラプラス

 

 

ラプラスが覚えるわざ

わざ名 ゲージの数 威力(DPS) タイプ
通常技 こおりのいぶき なし 10(13.89) こおり
みずてっぽう なし 5(12.50) みず
こおりのつぶて なし 12(12.50) こおり
ゲージ技 ふぶき 1 130(39.64) こおり
ハイドロポンプ 1 130(37.79) みず
りゅうのはどう 2 90(19.57) ドラゴン
れいとうビーム 2 90(26.16) こおり

※DPS(1秒あたりのダメージ)

※DPSの数値はポケモンのタイプ一致1.25倍を反映後の数値です。

 

 

オススメのわざ構成

わざ名 ゲージの数 威力(DPS) タイプ
通常技 こおりのいぶき なし 10(13.89) こおり
ゲージ技 ふぶき 1 130(39.64) こおり

※DPS(1秒あたりのダメージ)

※DPSの数値はポケモンのタイプ一致1.25倍を反映後の数値です。

 

 

このわざがオススメな理由

【通常わざ】 

※オススメ度:こおりのいぶき=こおりのつぶて>みずてっぽう

ラプラスの通常わざは「こおりのいぶき」「こおりのつぶて」どちらもオススメです。

 

「こおりのいぶき」の威力は9しかありませんが、威力が15の「こおりのつぶて」よりも発動が早く、1秒あたりのざゲージの増加量が「かみつく」の約1.6倍とゲージ効率が高いです。

 

一方で、「こおりのつぶて」は「こおりのいぶき」よりもゲージ効率の面で劣りますが、DPSが若干高いです

 

ジムを攻撃する際はゲージ効率の良い「こおりのいぶき」ジムを防衛するために設置する場合はDPSの高い「こおりのつぶて」をオススメします。

 

 

【ゲージわざ】 

※オススメ度:ふぶき>れいとうビーム>りゅうのはどう

ラプラスのゲージわざは「ふぶき」がオススメです。

「ふぶき」はラプラスが覚えるゲージわざの中で一番DPSが高いです。

一方、「れいとうビーム」は同じ「こおりタイプ」でゲージも2つありますが、DPSが「ふぶき」を下回るためオススメしません。

 

「りゅうのはどう」はDPSが「ふぶき」の約半分程度しかありませんので、こちらもオススメしません。

 

「ドラゴンタイプ」の対抗手段として使えないこともないですが、ラプラスの「こおりタイプ」もドラゴンタイプに有利のため、採用するメリットはないでしょう。

 

 

基本的には有利なタイプに特化した「こおりのいぶき」と「ふぶき」の組み合わせをオススメします。

 

 

 

 

関連記事

CPの高いポケモンランキング

 

 

トップページに戻る

この記事へのコメント