『ポケモンGO』カビゴンが覚えるわざとオススメのわざの組み合わせ

カビゴン

 

 

カビゴンが覚えるわざ

わざ名 ゲージの数 威力(DPS) タイプ
通常わざ したでなめる なし 5(10) ゴースト
しねんのずつき なし 12(11.43) エスパー
ゲージわざ はかいこうせん 1 120(30) ノーマル
のしかかり 2 40(32.05) ノーマル
じしん 1 100(23.81) じめん

※DPS(1秒あたりのダメージ)

※DPSの数値はポケモンのタイプ一致1.25倍を反映後の数値です。

 

 

オススメのわざ構成

わざ名 ゲージの数 威力(DPS) タイプ
通常わざ したでなめる なし 5(10) ゴースト
ゲージわざ のしかかり 2 40(32.05) ノーマル

※DPS(1秒あたりのダメージ)

※DPSの数値はポケモンのタイプ一致1.25倍を反映後の数値です。

 

 

このわざがオススメな理由

【通常わざ】 

※オススメ度:したでなめる>しねんのずつき

カビゴンの通常わざは「したでなめる」がオススメです。

 

 

「したでなめる」の威力は6しかありませんが、威力が12の「しねんのずつき」よりも発動が早く、1秒あたりのざゲージの増加量が「しねんのずつき」の約3倍と非常にゲージ効率が高いです。

 

一方で、「しねんのずつき」は、「したでなめる」よりもDPSが若干高いためこちらの方が強いともされています。

 

 

【ゲージわざ】 

※オススメ度:のしかかり=はかいこうせん>じしん

 

カビゴンのゲージわざは「のしかかり」、または「はかいこうせん」がオススメです。

「のしかかり」はゲージ効率が良くDPSが「はかいこうせん」よりも若干高いです。

一方で、「はかいこうせん」もオススメです。

「のしかかり」のDPSは、「はかいこうせん」よりも若干高いですが、ゲージのチャージ時間やゲージわざの発動にかかる時間を考慮した場合、実質「はかいこうせん」のDPSの方が高いともされています。

 

「じしん」はDPSが「のしかかり」と「はかいこうせん」より低いですが、カビゴンの苦手とする「いわタイプ」への対抗手段として採用するのも良いでしょう。

 

 

 

基本的にはゲージ効率の高い「したでなめる」単発威力の高い「はかいこうせん」の組み合わせをオススメします。
 

関連記事

CPの高いポケモンランキング

 

 

トップページに戻る


この記事へのコメント
  1. プラス評価をする +1 マイナス評価をする -1
    名無しのポケモントレーナー : 2016/08/10(水) 09:53:16

    通常技:したでなめる
    ゲージ技:はかいこうせん
    この組み合わせが現状ベストですね

  2. プラス評価をする +1 マイナス評価をする -1
    名無しのポケモントレーナー : 2016/08/10(水) 11:13:28

    言うほど岩は苦手じゃない、格闘と、HPがタフな部類に入る、ラプラスのが苦手だろう

  3. -3 プラス評価をする +1 マイナス評価をする -1
    名無しのポケモントレーナー : 2016/08/10(水) 18:24:47