『ポケモンGO』最新アプデでジムバトルのラグ&避けバグ修正きたぁぁぁ!!【海外解析情報】

how-to-dodge-in-pokemon-go-1068x631

 

 

バージョン0.61.0データ解析レポート

記事はこちら

 

 

意訳

・イースターイベントに関する情報は見つからなかったが、以下の内容が発見された。

 

 

償還コード(Redeemable Codes)

バージョン0.59.0で償還コードを発見。そのコードには「アイテム、アバター、あめ、ほしのすな、ポケコイン」などの報酬がある。

 

以下が今回バージョン0.61.0で発見された:

  • 償還コードのテストされ、リリースされようとしている。
  • ゲームショップを通してコードの引き換えができる。
  • 2種類以上の償還コードがある(プロモーションコードなど)

 

テストの最初の証拠はAPK内の例外メッセージから発見された。償還コードをすでに使った場合はゲーム内にいくつかのエラーが表示される。

 

 

promo_enter_code_prompt
promo_enter_code_already_redeemed_response
promo_enter_code_success_response
promo_enter_code_failure_response
passcodeaction
redeem_passcodefeedback_added_xp

 

 

償還コードの詳細について、この機能が完全に将来のイベントでアクティブになる準備ができていると指し示している。

 

 

.StorefrontRedeemCategory
.generateCoins
.RedeemNow
.rewardProto
.redeemButton
.placeHolder
.inputText
.redeemPasscodeService
.promo_redeem_button

 

 

個別通知の受信トレイ

償還コードとはまた別に、ナイアンティックから受け取れる受信トレイが導入。
その通知受信トレイには、以下のようにカテゴリー分けされている。

 

  • マーケティング
  • お知らせ
  • 管理ノート
  • ゲーム内イベント
  • 未分類のカテゴリー

 

これらの通知には以下の3種類の状態に分けられる。

  • 未読
  • すぐに期限が切れてしまう
  • 緊急

 

この機能は、償還コードと連動しており、この先重要かつ期限が切れそうなコードや終了間近のイベントをプレイヤーに告知する方法としてナイアンティックに必要になるだろう。この機能は完全ではないが、注目に値する機能だ。

 

 

ポケストップ報酬の書き換え

ポケストップ報酬の書き換え・最適化が行われたが、その理由は判明していない。他のバグ修正をするために必要だった可能性がある。

アニメーション・サウンドの最適化も含まれていたが、基本的には同じ動作になっている。

 

 

空の演出変更

ゲーム内のスカイボックスレンタリング(空の演出)に大きな変更があった。
夕焼けのアニメーション(動画参照)と結びつくような兆候はないが、そうなる可能性がある。

 

 

.skyMaterial
.midCloudsMaterial
.farCloudsMaterial
.cloudTexture
.StarTexture
.skyRequest

 

 

パフォーマンス改善とバグ修正

多数のパフォーマンス改善とバグ修正が行われた。
注目点は以下の通りです。

 

  • ジムバトルがラグなしで機能する
  • 避けバグの改善
  • タマゴの取得日バグの修正
  • アプリのローディング時間の改善

 

しかし、全プレイヤーが同じ報告をしている訳ではない。調査中。

 

 

 

新ロード画面が追加

ナイアンティックがハガネールをフィーチャーした起動画面を実装。この画面はキャッシュとローカルアプリを消去しなくても現れる。

 

haganeru

この記事へのコメント
  1. プラス評価をする +1 マイナス評価をする -1
    名無しのポケモントレーナー : 2017/04/08(土) 13:54:23

    ハガネールこええ…
    こんなのいきなり出てきたらウンコ漏らすわ。
    トレーナーってすげーな。