『ポケモンGO』愛知県死亡事故に判決が下る!!その内容とは・・・?!

aichi-jiko-higisha

 

 

“ポケモンGO”で死亡事故 男に禁錮3年の実刑判決

記事はこちら

 

 

一部抜粋

去年10月、愛知県一宮市でスマートフォン向けのゲームアプリ「ポケモンGO」をしながらトラックを運転し、小学生の男の子をはねて死亡させた罪に問われた男に、名古屋地方裁判所一宮支部は「安全性に対する意識の乏しさが顕著だ」として禁錮3年の実刑判決を言い渡しました。

 

(中略)

 

父親「生き続けるかぎり償いを」
判決のあと、敬太君の父親、則竹崇智さんが記者会見し、「9歳11か月で亡くなった息子を思うと、悔しくてしかたがなく、率直に言って、禁錮3年というのは軽いと感じましたが、実刑の判決はそれなりに評価できると思います。被告には、生き続けるかぎり償いをしてほしいです」と話していました。

 

 

みんなの反応

危険運転致死の間違いじゃないの?

 

 

結局、歩行者側が気を付けるしかない。
厳罰化してもまだ飲酒運転があるように、運転手を信用しないことが現実的な対策なのかなと思う。

 

 

軽すぎるね
親御さん どこに気持ちをぶつければ良いのか?

 

 

あれで禁錮3年? 甘い、甘すぎる!

 

 

なんだかなぁ…
この件だけじゃねーけど法が世間が望むものとかけ離れ過ぎてるのよ

この記事へのコメント
  1. プラス評価をする +1 マイナス評価をする -1
    名無しのポケモントレーナー : 2017/03/10(金) 17:48:31

    日本の法律は最早犯罪を推奨してるようなもんだよな
    人殺しても刑務所で数年ぬくぬく暮らせば残りの人生楽しく過ごせるし
    死刑を増やすだけで事件は確実に減るのにしないって事は…そういう事だもんね。。。

  2. プラス評価をする +1 マイナス評価をする -1
    名無しのポケモントレーナー : 2017/04/15(土) 12:53:55

    刑務所からでたらすべて終わりと思っちゃう民衆がいる限りそうだろうな